自己紹介



月に一度高齢者福祉施設にて、和紙ちぎり絵を指導中。若い世代にむけての作品を作っていきたいと思っています。           和紙雅号:梅原瞳渓

体験講座・教養講座受付中

社会福祉協議会カルチャー教室
                      お申し込みはメールフォームよりどうぞ!

茨城県ひたちなか市在住

こんなの作ってます

四葉のクローバー

日常生活で使えそうなかわいい和紙小物をたくさんつくってます

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

2007年八月号に私の記事が記載!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の福祉センターちぎりえ作品



7月の福祉センター作品

芙蓉です。
酔芙蓉、と書いてスイフヨウ、です。その名前のとおり
だんだん夕方になるにつれて
まるで酔ったように白い花が
ピンク色に変化します

でも、私はあの、強烈な色をしたケムシくんがいや

<< 夏の作品 | ホーム | 平成24年度和紙ちぎりえ教室 >>


コメント

こんにちは。和紙で絵を描いてみたいと思って、ネット検索していてたどり着きました。
一度自己流でよいので作ってみたいのですが、貼り合わせるときのノリは何を使えばよいのでしょうか。
できたら教えていただけると嬉しいのですが・・。
他にアドバイスありましたらお願いします。

Re: 和紙絵につかうノリ

はじめまして。
訪れてくださってありがとう。
さて、糊ですが。和紙を紙につけるので、
私は障子のりを何倍かに薄めて使っています。
何倍か?といわれたら、
感覚で、緩すぎもせず、硬すぎもせず、とろっとなるくらい。
と回答してます。(かなりアバウト)

和紙絵は、絵筆を和紙にもちかえただけで、むしろ、
色の表現が制限されてしまうので難しい点もあります。

ぜひチャレンジしてみてください★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。