自己紹介



月に一度高齢者福祉施設にて、和紙ちぎり絵を指導中。若い世代にむけての作品を作っていきたいと思っています。           和紙雅号:梅原瞳渓

体験講座・教養講座受付中

社会福祉協議会カルチャー教室
                      お申し込みはメールフォームよりどうぞ!

茨城県ひたちなか市在住

こんなの作ってます

四葉のクローバー

日常生活で使えそうなかわいい和紙小物をたくさんつくってます

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

2007年八月号に私の記事が記載!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎の新作・その2

20091028203308
20091028203133
先日の作品とは台紙の色を変えてあります。

同じ虎がモデルですが、台紙が違うだけで

大分印象がかわりますね。

水戸市元吉田の
和雑貨やさん「葵陽」に置いてあります。
どうぞご覧下さい。
葵陽(きよう)電話番号・0292462828
スポンサーサイト

新作「虎」

20091027114831
20091027114829
月の後半には自分のオリジナル作品に集中します。

先日、家族で上野動物園に行ったときの虎さんをモデルに
和紙で描きました。

久しぶりのちぎりえキット作品

20091023182309
20091023182307
ずっと福祉施設対象の、初心者向け作品の開発に没頭していたので、

ちぎりえキット作品は久しぶりです。
これは、最初から、必要な和紙や台紙、見本もセットされています。
素晴らしい先生の作品をまねることは、とても勉強になります。

今回は、紅葉を全面に配置した作品を作りました。紅葉の葉の色も、キット作品なら豊富に入っているので、より美しく仕上がったと思います。

滝の様子は、私がちぎりえを習ってまもないころ、初期の作品です。

どうですか。上達したと思っていただけますか?

身障者へ…やる気にさせる工夫。

20091016224730
20091016224727
月に一度の身障者センターでのちぎりえ教室。

参加者のみなさんに、どのようにすればやる気をアップさせることができるかを、模索中。

ワタシに与えられた一時間半の時間は、そうですね。小学校の授業のように、楽しかったよ、と思ってもらえるように工夫します。


さて。どうするか?

小学生の娘たちに、どんな授業が楽しいか、どんな時、嬉しいかを聞いてみて考えた方法!

その1。クイズ作戦。ナンバー札をあげてもらって、正解者にはシールを貼ってあげます。

その2。作品をほめながら、頑張ったねのスタンプ。

予想以上に大成功。

和紙で表現する動物たち

20091008115533
20091008115530
私が和紙絵をするきっかけになった理由のひとつ。亡くなった愛犬を、写真ではなく「描いて残したい」と思いたったこと。
予想以上にペットロスのココロの痛みを和らげることができました。
こんな実体験もあって、また、身障者や高齢者への講座の感想から、
自分がちぎりえを通してできることは、見えないココロの疲れを治すきっかけを提供することなのかなとわかってきました。
時々、下準備の大変さに、正直、やめちゃおうかな・・・という思いもよぎります。
しかし、毎月の講座を楽しみにしていてくれる方のお顔を思い出すと。 長く続けていく、ということは、一筋縄ではいかないってことですね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。